日記
2016年4月30日(土)
体重50.6kg   体脂肪率21.0%

21時以降は何も食べない。

×

起きぬけに白湯を飲む。

○

自重によるスクワット朝晩20回。

×

スクワット以外の筋トレを5分

未記入

平日はアルコールをとらない。

×

少し間があきました。・・・けど、毎日元気に頑張っています。

昨日は全国的には休日でしたが私は仕事でした。昨今文科省の指導で大学というものは半期15回の授業回数を確保せよという方針があるので、どの大学も祝日を全部休むわけにはいきません。

また、曜日によって偏りが出てもいけないので、学期最後の数日の間には、火曜だけど金曜の時間割とか、その逆とかそんな感じの調整ともちろん補講日が2日間くらい確保されます。

さてと、先週の土曜日に外食した帰りにふらりと寄った駅前のレンタルビデオ屋さんで、何となく「孤独のグルメ」1,2シーズンを借りてきました。

松重豊さんって言う俳優さん。よくコワモテのわき役としてテレビで拝見する方ですが、井之頭五郎として、一人食にこだわり、仕事帰りに様々なお店で実に多様な食事を楽しむという番組です。

今もう第5シーズンまで終わってるんですね・・・。

その中で、かつ丼を食べる回があって、近隣の学生たちがやってきて(多分日芸の演劇関連の学生という想定)、注文したカツ丼に目を輝かせるのを見た井之頭が「そう、かつ丼くらいいつでも燃やせる力がないとどんな分野でも成功しない。」というようなセリフを(頭の中で)つぶやくシーンがありました。

全体を通して「食べる」という、いわば「生きる」に直結する作業を正々堂々と(というのも変な言い方ですが)心行くまで楽しむことのみに焦点を当てたドラマで、単純なワンパターンストーリーでありながら、何か生きることをのびのびと謳歌しているような側面があって、私は引き込まれるものを感じています。

今第3シーズンを見ていて、ちょうどアフガニスタン料理を食べ終わったあたり(笑)。

ところで、興味があったのでネットで調べたら、当の松重豊さんは、ドラマに出てくる井之頭のような大食漢ではなく、年齢相応に小食で、また酒もたしなむそうで、劇中のキャラを損なわないよう長身痩躯を保つために運動などの努力を怠らず、かつ通常は小食に抑えて、撮影の前は絶食して撮影時にとにかくおいしそうに実際に食べることを心がけているとありました。

プロですね。

彼が食べるシーンは、それなりにパクパクはふはふがつがつした雰囲気はだしていますが、口元が映っても汚い感じにならないように実に上手に食べていらっしゃるのがすごいと思います。

普通食べていると良くある、口の中で挟まったものをとるような舌の動きみたいなものを出さないように心がけていると見た!(すごい)

よく、いっぱい食べてるのに太らない(と称する)人が、「なーんにもしてません」みたいに言うということがありますが、松重氏のように、陰でしている努力を隠さないというのもいいなあと思いました。

それで、やっぱり食べるというのは生きるということですね。

普段仕事で忙しいと、特に昼ごはんなどはサンドイッチを10分以内で飲みこむみたいな日もありますが、基本食事はそれそのものを大切に楽しんで味わって過ごしたいものです。

たくさん動いてたくさん食べる。やっぱりこれがいよね。

(特別に何か病気があってと言うような場合は別です、もちろん)

今日から来週の木曜日まで職場(大学)に出なくてよいんです。もちろん抱えている宿題はいっぱいありますが、元気に動いてたくさん食べようと思います。


コメントする


 


女性 身長:165.0cm
研究教育職。
仕事が忙しすぎてスポーツクラブになかなか行けない毎日。
ストレスと加齢も手伝って、ほっとくと、ここ10年ほどキープしてきたベスト体重、体脂肪率がじりじりと増加する。

ものすごく体重減らしたいわけでもなければ、減らすべきでもないけれど、ここはひとつセルフコントロールの仕切り直し!そして太らないことと同時に、痩せすぎないことにも留意する。

総体としての身体と心に丸ごと向き合う。体重体脂肪体調には人生の諸々が映し出されると思っている。

食べることは生きること。身体を動かすことも生きること。

足るを知り、適度に努力し、適度に遊び、適度に飲み食いして、平穏な生活を目指すのだ!
2016年1月18日スタート
開始時51.5kg 21.5%
-1.4kg -1.4%
現在50.1kg 20.1%
あと0.1kg あと0.1%
目標50.0kg 20.0%

携帯から更新しよう!