ダイエット日記 > smさんのマイページ > 糖質制限に関するワタシの考え
日記
2015年7月27日(月)
体重101.2kg   体脂肪率31.2%

年内にまあまあの肉体美を作るつもりで生活する

未記入

朝一で体重測定

○

日曜日はステーキの日

○

ミネストローネを1日3回

○

プロテインを運動後に

○

日曜日以外ジムでトレーニング

○

糖質制限に関するワタシの考え

06:00
体重101.2kg  体脂肪率31.2%

最近、糖質制限がすっかり一般化しました。
お店に行けば当たり前のように糖質制限食材が売られています。
テレビでも雑誌でも頻繁に取り上げられ、知らない人はもういません。

でもかなり情報が錯綜しており、実態はなかなかつかめません。
危険だ!と力説する人もいますし、安全性と効果を強調し、伝道師になる人もいます。
ではホントのところはどうなのか?
ちょっと考えてみました。

まず糖質制限の歴史ですが、糖質を制限すれば痩せることはもう100年も前から知られており、減量をしなければならない職業の人にとっては常識でした。
実際ワタシはボディビルダーのおじから、もう30年も前から聞いていました。
しかしダイエット法として一般に広まったのはここ十数年のことです。
アメリカから始まり、世界中に広まりました。

糖質制限にはいくつか種類があります。
1.厳しい糖質制限
2.ゆるい糖質制限
3.糖質控えめ

一般に1を「糖質制限」と呼びます。
2はロカボです。
3は「糖質制限」とは呼びませんが、糖質だけは少し気をつけると言う程度の意識を持つケースです。
お菓子や甘いジュース、麺、パン、ごはんを食べ過ぎないようにする事ですね。

当然全部痩せます。
3は誰も否定しない方法ですね。

議論を呼ぶのは1と2です。
確かに痩せる、でも危険でしょ!と言う声が少なからずあります。
実際はどうなのでしょうか?

ワタシは糖質制限否定派でも推進派でもありません。
ただ冷静に自分の食を考えているだけで、思想などそこには介在しません。
体造りと体型維持に役立つなら取り入れるし、不都合が生じるならやらない、ただそれだけです。
その立場から現時点での情報を整理します。

まず糖質制限を長期に行った場合の安全性を示す科学的根拠も、危険性を証明する科学的根拠も存在しません。
糖質制限を推進している医師のブログには確かにそれらしい論文を引き合いに出していますが、それはまるで意味の無い論文で糖質制限の安全性とは無関係の論文です。

数千人、数十年のデータとなっていますが、現在推進されているような厳密な意味での糖質制限を長期にわたって行っている人はそもそもいません。
その論文は1日の糖質摂取量の割合が多い人と少ない人を比較しただけであり、糖質摂取量が多い人はすなわち暴飲暴食をしていたり、貧困で健康管理に無頓着だったりする可能性もあります。
それに正確なデータを集めるには被験者全員が完全に糖質制限を行っている確証が必要ですが、そんなものはありません。
被験者の人数や期間を考えると、おそらく簡単な聞き取り調査だけで済ましているだけで、全員の毎食の内容を確認しているはずはありません。

つまり全くあてにならず、糖質制限の安全性を証明してはいないのです。

たまに「人類は昔からずっと糖質制限で生きており、糖質メインな食事を始めたのはここ数千年のことであり、糖質制限は人間の自然な食形態なのだ」と主張する人もいますが、全くのたわごとです。

一方危険性を証明するデータもありません。

週刊誌レベルでは確かにイロイロ書かれていますが、それは「牛乳を飲んだら交通事故に遭った。牛乳は危険だ!」レベルのお話で全く科学的ではありません。

つまり安全か危険か現時点ではわかりません。

しかし糖質制限が世界に広まって、おそらく数百万人が実践しており、そこまで大きな健康被害が起こっているわけではないことを考えると、あまり目くじらを立てるほど危険ではないように感じます。


それより肥満でいるほうが遥かに危険で命が脅かされていますから、重度肥満の人にとっては迷うことなく取り組んだほうが賢明かもしれません。
それに日本の医師で糖質制限を比較的推進する立場の人は、おそらくかなりの割合になると思います。
危険であればそんな状況にはならないと思います。

一方糖質制限を推進する人々は必ず大嘘をつくのも事実です。
「糖質さえ制限すれば何をどれだけ食べても大丈夫」

この言葉を聞いた人々はもちろん言葉通りの意味に捉えます。
しかし正確に言えば「糖質さえ制限すればあとは多少制限がゆるい」が正確でしょう。

江部医師はブログのなかで、「毎日5000kcal食べてもいいんですか?」という質問に対して、2000kcalに抑えるよう遠まわしに促しています。

2000kcalはワタシのような人間にとっては非常に厳しいカロリー制限です。
どれだけ食べてもイイと言うのは最低でも5000kcal食べても健康に害が無く、太らなかった場合にしか使ってはいけません。

実際糖質制限推進の医師たちは皆1日2食程度であり、摂取カロリーも2000kcal以下です。

これはイメージ操作です。
沢山食べている映像を見せて、「毎日これだけ食べられる」と説明しますが、それは1日1回だけで3食食べているわけではありません。
その映像を鵜呑みにした視聴者が毎日肉を山ほど食べたら必ず健康を害します。
これでは商業主義による思想誘導です。
糖質制限推進の医師は大抵これをビジネスにしています。

しかし手法が悪いからといって、それを根拠に否定するのは誤りです。

実際多すぎる糖質は肥満を招くし、多くの病気の元凶です。
強度の強弱は問わず、糖質制限は減量に結びつきます。

ダイエットでは強度の差はあれど自動的に糖質制限に取り組むはずです。
カロリー制限をしているなら必ず糖質摂取の絶対量は減ります。
実際ワタシも現在スーパー糖質制限です。
スーパー糖質制限を意図して行っているわけではなく、自動的にそうなるのです。

現在のところ何も問題は無く、順調に痩せています。
しかし厳密にはこれは極度のカロリー制限による減量ですから、同じ量のカロリーを糖質主体で摂取しても痩せます。

しかしたんぱく質は体の材料ですから、たんぱく質を減らしたら筋肉の減少を招く為、絶対に減らせません。
減らせるのは脂質と糖質であり、事実その通りに実践し痩せている訳です。

糖質を食べ過ぎなければ太りにくい、あるいは痩せる。
これは紛れも無い事実です。

もし安全性に疑問があるのなら「糖質の食べすぎはやめる」程度の意識で取り組めばいいのではないでしょうか?
ダイエットではある程度の糖質制限は絶対に避けられませんから。

それに糖質控えめ程度であれば健康に問題が生じる可能性はありません。

個人的なことを言えば、今スーパー糖質制限に意図せずなっていますが、今後も「糖質制限」に永続的に取り組む予定はありません。

12月に減量が終わってから、筋肉増量を目指しますが、その際は糖質を普通以上に摂取しなければなりません。
どれくらい食事を増やさなければならないかは、様々な意見があり、現時点では分かりません。
4000kcal摂れ!という意見もあれば、2500kcalで十分だ!と言う意見もあります。
これはやってみないと分からないので、体重チャートと相談しながら食事量を調整する予定です。
ただ筋肉を増やすには絶対的に大量のカロリーが必要であることはトレーニング業界では常識なんです。

そして数年後ある程度の体が出来上がり、これ以上筋肉を増やす必要がなくなった時、当然食事量を減らします。

その際はやはり糖質主体で量を調整することになると思います。

実際ボディビルダーは減量の際、糖質量のみで調整するのが一般的です。

脂質はそもそも気をつけるし、たんぱく質は減らせないし、糖質しかないのです。

ま、ワタシの糖質制限に対する考えはこんな感じですね。

考えてみると世の中の旨いものは皆糖質であり、それを食べないことはワタシには考えられません!
しかし無思慮に食べれば肥満、不健康に結びつくのでしっかり量をコントロールします。

糖質制限はゆるい場合はタダの体脂肪調整弁のようなもので、深刻に考えるものではありません。

それ以上のいわゆる「糖質制限食」はしっかりと調査したり、医師と相談しながら自己責任で取り組めばいいんじゃないでしょうか?

整理すると以下の通りです。

1.糖質制限は一部の人たちにとっては常識であり、昔から行われてきた。
2.現代人は糖質の取りすぎで肥満になり病気を抱えているので、糖質を減らさなければならない。
3.ダイエットで糖質を減らすことは避けられない。
4.糖質を摂り過ぎないように気をつければ太りにくいので、体型維持に役立つ。
5.肉、チーズ、油、ナッツなど食い放題はうそ
6.「糖質控えめ」で病気になることはありえない。
7.いわゆる「糖質制限」を長期にわたって行った場合、どうなるかは分からない。
8.いわゆる「糖質制限」については危険性を指摘する声も少なからずある。
9.「糖質控えめ」は迷わず実践した方がいいが、いわゆる「糖質制限」はよく調査の上、自己責任で!
10.ワタシは一刻も早く糖質を摂取したいと強く願っており、「糖質制限」に永続的に取り組む気はさらさら無い。

ああご飯食べたい...


コメント
2015年7月27日 06:44
よく勉強されていますね〜(^-^)

年齢や、持っている病気とかアレルギー的なものも 人それぞれだし…
体重も身長も違えば、基礎代謝だって違うんですから。
みんな同じやり方で 同じように痩せるなんてコト ありえないんです。

色々なダイエット方法が溢れていますが、
昔流行ったバナナダイエットやりんごダイエット…その安全性が問われないのは、
どーせ長期で続くダイエット方じゃないから(笑)
続かないものなら、問題視されることもないですしね〜

ま、結局のトコ 何をやるにも自己責任で〜ですよ(^^)
2015年7月27日 06:46
同感です。
2015年7月27日 07:36
私の周りでは、糖質制限で確実に痩せてるけど、全員リバウンドしてる
やり方がマズイのかもしれないけど、全滅だね〜
2015年7月27日 07:45
その人たちはおそらくどんなやり方でもリバウンドすると思います。
減量後の食事量調整は時間を掛けて慎重にしなければなりません。
特に糖質制限を行った場合は糖質を極めて吸収しやすい状態にありますから、なおさら気をつけなければなりません。
漫然と取り組んではダメですね。
ちゃんと勉強して理性的にやらないとね!
 
 
2015年7月27日 07:47
糖質は制限じゃなく、「適量」だと思うのが今の私( ^ ^ )

みんな食べないダイエット(ってイコール糖質制限じゃろ)してリバウドしてきたんじゃないんかい?(笑)
私も同じ…辿り着いたのがやはり食事バランスと運動かなぁ。
…今月はダメダメだけどね(笑)

ダイエットは試行錯誤の連続だ( ̄▽ ̄)
それが興味をそそられる←だからダイエットしてる(笑)
2015年7月27日 07:49
私はタイプ2の糖質制限だけれど
結果がついてきてるし満足でっす
朝はフルーツたくさん食べられるし
食べたい時や外食時は好きなの食べてるし

2015年7月27日 08:07
脂質も糖質もたんぱく質も「適量」ですよね。
特に糖質は安いし、いくらでも食べられますからね。
糖質だけで5000kcal摂取していた頃が懐かしいなぁ...

ある程度ゆるい糖質制限は痩せるし苦痛も少ないし、やりやすいですよね。
でも痩せるスピードが早ければ早いほどリバウンドの可能性が高まりますから、食事量の調整は慎重のうえにも慎重にやらないとね。
苦労が水の泡になったら立ち直れないよ!
 
 
2015年7月27日 08:16
でもさ・・適量ってデブの価値観から考えたらかなり少な目なんですよね(-_-;)

痩せてる人に言わせたら、タイプ2とタイプ3は単に普通なのかもしれない・・・orz
2015年7月27日 08:17
ワタシの適量は4000kcalです!
2015年7月27日 08:19
イヤ、食べたい量です!
2015年7月27日 08:52
寂しいけれど
ワシはもう定食一人前がキツイ
「ゴハン半分で」とか
ライスなしの単品注文よ、、、、
ポムポムポム
2015年7月27日 09:02
勉強になります(^o^)
私は、ゆるゆるの3だと思っていたけど、お菓子もジュースも白米もパンも麺も食べない(ようにしている...)から、もしかして2なのかな(*^^*)誤解でもなんかうれしい♪
smさん肉食べて、また痩せてる!あとちょっとですねー(^o^)
2015年7月27日 09:02
あんなに肉食べたのに減ってる!!

やっぱり糖質制限て大事だよ〜いいお手本だわ。
2015年7月27日 09:05
わたしがやっているのは!3のゆるゆる「糖質控えめ」です^^

ブログで「糖質制限」という言葉を使っているのはヒット数を増やすため(-_-;)

わたし、悪いひとなんです ふふふ。


わたしのように140kgとかの人たちは一般人の食事量にすれば、まずそれだけで痩せます^^

あと、思うのは、明確な「目的」も必要だし、smさんのように、常にチャートをみつつ「工夫」することも必要だし、そもそも「継続」できるように習慣化することも大事だし、

3大栄養素(脂質、タンパク質、糖質)のどれを摂取すればよいのか?という議論よりも、いかにダイエットを長期的にマネジメントしていくか?みたいなことの方が大切な気がします。


ちなみに私は糖質(ごはん・パスタなど)も好きですが、美味いと思うのは、全部脂質(あぶら)苦笑
2015年7月27日 09:23
悪い人発見!!

そう、量が一番大事です!
 
そしていかに継続するか?

量を減らして継続すれば痩せますからね。

でも一般人の食事量ってミジンコ並みですよね。
2015年7月27日 12:06
長いなぁ〜〜
途中から飛ばしてココに着いちゃった(´-ω-`;)ゞポリポリw
まぁ私もまだかじりかけですけど
最初はないわぁ〜って思ってましたから(´∀`*))ァ'`,、
今も分からずこんなんでいいのか?みたいな感じだし

ただ何でもしてみたいなぁ〜ってのをやってって
自分流でいいと思う!
smさんゎ何でもすごぃっすなぁ
この文の長さもすごい(ぇw
2015年7月27日 12:29
よく考えると今回の日記は人生最長の作文だね。
意図してはいないんだけど、書いてたらいつの間に長くなっちゃってね...

まいさんのやり方は非常に正しいですよ。
模範的なカロリー制限であり、糖質控えめですね。
食事も楽しんでるしね。
でもワタシはそんなに料理のレパートリーもないし、いちいち作るのがめんどくさいんだよね。

ま、これはワタシ流のズボラダイエットですね。
週1回くらいしか料理しませんからね。

さ、仕事行かなくちゃ!

コメントする


 


40歳 男性 身長:172.0cm
2016年中にある程度の身体を作るよ!
あと専業トレーダーも目指しちゃおうかな

体重推移
4/4 133.0kg
5/1 122.0kg -11kg
6/1 115.4kg -6.6kg
7/1 109.2kg -6.2kg
8/1 100.6kg -8.6kg
9/1  92.4kg -8.2kg
10/1 89.5kg -2.9kg
11/1 97.1kg +7.6kg
12/1 86.4kg -10.7kg
2016
1/1  79.9s -6.5kg
2/1  85kg +5.1kg
4/4  96.3kg +11.3kg
5/1 99.3kg +3kg
6/1  95.1kg -4.2kg

投資成績 ・・・前月比損益率
3月  +9.4%
4月  +14.8%
5月  +10.3%
2015年4月4日スタート
開始時133.0kg   
-37.9kg
現在95.1kg 27.2%
あと25.1kg あと14.2%
目標70.0kg 13.0%

 

今日
昨日
合計

 

  2017年11月  
         1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

 

ざわざわ
41歳 男性 
170.0cm 94.2s

ルミナス
49歳 男性 
174.0cm 94.4s

モンモン
女性 
170.0cm 96.2s

一覧へ

 

くちびる百貨店
28歳 女性 
156.0cm 52.8s

ゆん
女性 
158.8cm 61.8s

ぽてまる
29歳 女性 
160.0cm 61.0s

一覧へ
ブログパーツのご案内
ダイエット日記

ダイエットピンキーカロリー計算ツール
携帯から更新しよう!