日記
2014年7月15日(火)

無理なくマイペースダイエット

○

夜は米を抜く

○

7時以降は食べない

○

冷えを解消!内臓温めダイエット!

内臓冷えの解消法
「食事編」

内臓を温めてダイエット効果をアップ!
内臓を温めるとダイエット効果がアップするといわれています。私達の内臓は、消化吸収などをつかさどっている大切な器官です。それが、エアコンで体を冷やしたり、冷たい食べ物や飲み物ばかりを口にしていると少しずつ内蔵が冷えてしまいます。

例えば、暑い夏は冷たいアイスクリームやよく冷えたビール、炭酸飲料などが飲みたくなるものですが、過剰な摂取は内臓を冷やしてしまいます。内臓を温めるには、外の気温に限らず、できるだけ室温以上のものを摂取する事が大切。飲み物は室温で、アルコール類は常温で飲めるワインや焼酎のお湯割りなどをチョイスすることが、ダイエット効果や内臓を冷やさないという点で理想です。

また、栄養バランスのよい食事や適度な運動といった日常生活に気をつけることも大切。

特に、たんぱく質が不足すると体が冷え内臓も冷えやすくなります。栄養素にはタンパク質、糖質、脂質、ビタミン、ミネラルがありますが、一番熱を発生しやすいのがたんぱく質なので、たんぱく質の豊富な食事をとることが効果的です。

成人女性が1日に必要なたんぱく質量は55gといわれているので、低カロリー高たんぱく質な食材(豆腐、鳥のささみ、胸肉、マグロの赤身など)を積極的に取り入れましょう。

「日常生活」
運動も内臓温めに効果的です。といっても、あえてジムに通う必要はなく、ウォーキングやストレッチ、ながらエクササイズでもOKなので、気づいたときにカラダを動かす習慣をつけましょう。

また、お腹マッサージも内臓を温めるのに役立ちます。特に、おへそ周りにはリンパが多く集まっているので、よく揉みほぐしリンパの流れを改善することで内臓を温めてくれます。

マッサージの実践方法は、あお向けになって両ひざを立てリラックス。その姿勢で、おへその右下に指を当て、小さく「の」の字を描きながら5回マッサージ。これを時計回りに約8〜10カ所で行います。最後におへその右下から時計回りに大きく「の」の字を5回描きます。

寝る前にベッドの上で行ったり、お風呂の中で座った状態でもできますので是非実践してみましょう。


コメントする


 


38歳 女性 身長:159.0cm
こんにちわ☆
四人の子供の母ちゃんです(*^◯^*)
☆子宮頸がんになり手術をしました。
パニック障害、自律神経失調症持ち。

★ダイエットを中心に癌やメンタルの方もよくなるように食事療法や生活習慣にも気をつけて、マイペースにガンバッていこうと思います★

ダイエットを中心に日記を付けて行くよ★彡
2014年4月9日スタート
開始時74.8kg 41.4%
-8.2kg -4.3%
現在66.6kg 37.1%
あと11.6kg あと17.1%
目標55.0kg 20.0%

 

今日
昨日
合計

 

一覧へ

 

  2017年9月  
               1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

 

登録がありません。

 

チノカ
40代前半 女性 
158.0cm 65.9s

ふじこ
30代前半 女性 
156.5cm 66.2s

るい
48歳 女性 
162.0cm 64.5s

一覧へ

 

いつみ
48歳 女性 
162.0cm 48.3s

キノコ
55歳 女性 
152.9cm 50.3s

藤兎
40代前半 女性 
168.0cm 88.4s

一覧へ
ブログパーツのご案内
ダイエット日記

ダイエットピンキーカロリー計算ツール
携帯から更新しよう!