日記
2013年7月20日(土)
体重51.3kg   体脂肪率29.6%
収支カロリー -840 kcal
摂取カロリー 938 kcal
消費カロリー 1,778 kcal

運動する

○

体重を量る

○

1300カロリー 以下

未記入

糖分を控える

×

炭水化物を控える

○

もう6年前の話です。

私は、毎日ジムで体を鍛え、
それまで大病どころか、
風邪ひとつ引いたことがありませんでした。

しかし、その悲劇は、突然訪れました。

体調を崩し、病院で診察したら、
限りなく末期に近い癌でした。

その時は、さすがに人生を諦めました。。。

しかし、抗がん剤が体質に合ったようで、
幸運な事に、治療が成功し、
こうやって、ダイエットするまで、元気になりました。

しかし、その間、どんなに生きたくても、
辛い治療の甲斐もなく、無念のまま亡くなった方を、
大勢、見送ってきました。

その後、私の意識は、大きく変わりました。

せっかく延命してもらった残りの人生を大事に使おうと・・・。

そして、自分の為だけじゃなくて、
他人様、社会の為に役立つように生きようと。

現在、私は 反原発、反TPP運動 しています。

それは、未来の子供たちの為の運動でもあります。

平和で、より良い日本を、
次の世代に引き継げるように。

だから、私は山本太郎氏を応援しています。

-------------------------------------------
■なぜ行動したのか  山本太郎
http://ameblo.jp/yamamototaro1124/entry-11576769724.html

前回、何故声を上げようと思ったかを書かせて貰いました。

詳しく書き綴ったら1冊の本じゃ足りない量になるから、
ザックリ理解してもらえる長さを目指すね。

「何故行動したのか」

自分の中で抑えきれない、
誤魔化せない思いをTwitterで呟いたのが
2011年4月の始め。

「原発反対って言っただけで芸能界は干されてしまう。
でも言ってやりますよ、原発反対って」

確かこんな言葉で呟いたと思う。

呟いた瞬間、涙が止まらなかった。
嗚咽を漏らしながら泣いた。


「ずっと抑え続けてきたものが一気に溢れ出した」
そんな感じ。

誰かを誹謗中傷するわけで無く、
ただ自分の思った事を口に出せない世界に
自分が生きている事に事故後、
ずっとショックだった。

「原発はいらない」
って事さえ言い辛い同調圧力。

「食べる為には仕方無いじゃないか」
と慰める自分への失望。

「声をあげるんだ!」
と声なき声で叫ぶ心の中の自分。

でも結局声を上げない自分自身への絶望。

何が表現の自由だ。何が言論の自由だ。
事故前の基準からすればあり得ない数値の場所に
人々を「安全」だと住まわせ、
事故を小さく見せる為に情報操作、
印象操作を繰り返すこの国には
「生きる権利」さえないじゃないか。

「でも何も言えない自分は、
何も言わない自分は、
不条理を押し付けてる権力者と同じだ!」

そんな思いからやっと解放された感じ。

Twitterやネットの中で、
「原発嫌だ」と言っても
そこまで大きな拡がりはなかった。

ネットユーザーは多数派ではないから。
TV、新聞を情報源にしている人々が圧倒的多数だから。

まだ広くは知られていないのだから
最初は気を付けてやろうと思った。

反原発の市民運動に頻繁に参加すれば近い内、
仕事は無くなる。

「今のうちに仕事して貯えなきゃ!」

生まれて初めて参加したデモ(高円寺素人の乱)から
マスコミのカメラを見つければ顔を背けたり
極力バレない様にした、
兎に角、広く知られるまでの時間を稼ごうと思った。

そんなヤワな考えが一気に吹っ飛ぶ
トンデモない出来事が自分を変えた。

「何故行動したのか」

文部科学省が子ども達の安全基準を
20倍に引き上げた。

被曝は年1ミリシーベルト以内、
これ「国際基準」

子どもは大人と比べて3倍〜10倍、
専門家によってはそれ以上と言う人も。

ならば、どれだけのリスクを
子どもたちに背負わせるのか?

子どもを守るはずの文科省が
「柔らかな死刑宣告」を子ども達に与えた。
自分の中で何かが吹っ切れた。

「子供を守れ?いいカッコすんな!」

いや、そうじゃない。

子どもはこの国の未来。

その未来を担う子ども達に
過酷な数値を与えるって事は、
国が未来を諦めたって事。

命ではなく、目の前のお金を守った。


あまりにも過酷な事故を前に、
次々に事実を発表すれば経済破綻が訪れる。


「目の前の金儲けを止める訳にはイカナイから
子どもたちには犠牲になってもらいます。」

安全基準の数値を上げて「建前上」は
大丈夫って事にされても、
子どもたちの身体が急に20倍強くなるわけじゃない。

子ども達に与えられた
殺人的数値年20ミリ シーベルトに
ブチ切れた僕は、
「逆にマスコミの前に出てってやろう」
と決意した。

何の特技もない僕だけど、
光が当たらない場所に自分が出て行けば、
ニュースなどで取り上げられる可能性があると思った。

たった5秒のオンエアでも、
たった2行の記事でも、
押し付けられた不条理を、
ひとりでも多く伝えられる可能性が少しでもあるなら
それを特技としよう、と思ったんだ。

腹を決めて、
行ける限り色んな現場に足を運んだ。

自分の想いとかけ離れた悪意ある記事を書かれた時は、
哀しかった。

でも、ココロある記事を書いてくれる人もいた。

清濁併せ呑む(いい事も悪い事も受け入れる)気持ちで
やるしかないと、覚悟した。

でも本職はそうはいかない。

所属する事務所には僕以外にも
20人近く俳優が所属している。

スポンサーありきの職業で
スポンサーに唾を吐く様な行為は
他の役者に迷惑がかかる。

実際、事務所には脅迫電話や励ましの電話が
多く掛かってきた。

そのピークが「ドラマの役を降ろされた」
と呟いた時。

芸能人が踏み込んだ発言をすればどう言う目に遭うか、
皆に知っておいて貰おうとTwitterで呟いた。

すると事務所の電話はパンク寸前、
日常業務は不可能な状況、
と社長から説明された時、
事務所を辞めようと思った。

原発は直ぐには無くならない。
だったら声を上げ続けなきゃならない。

声を上げ続ければ、
電話や嫌がらせが終わる事は無い。
事務所の皆に迷惑をかけ続ける事になる。

事務所に居続ける事を選択すれば、
極力嫌がらせを受けない様に
行動を自主規制する事になる。

それじゃ何の為に声を上げたか
わからないじゃ無いか。

今までお世話になった人たちとお別れは
少し淋しかった。
役者思いの本当にいい事務所だったから。

16歳の時から芸能界以外知らない自分が、
スタッフに支えられて生きて来た自分が
これから一人でやって行くのか、
誰にも守って貰えないんだなって不安にもなった。

正直、ちょっぴり怖かった。

その一方で、これからはタブー無く好きにやってこう、
思った通りに生きるんだ、
って言う大きな力も湧いて来た。

生き延びてやる。皆で生き延びてやる。

その為に動きまわってやる。

そしてこの2年間、全国を動きまわった。

不条理を押し付けられた沢山の人々の声を聞いた。

お金持ちでも権力者でもない、
「38歳 無職」の僕には何も出来ない。

ただ話を聞く事しか出来ない自分が情けなかった。

あまりにも権力の圧倒的な力を前に政治ではなく、
自分の人生を生きようかとも思った。

じゃあ、この2年間の自分の中に蓄積された数々の声は
ただの思い出話になるのか?

皆の声を届けたい、形にしたい。
日に日に思いは強くなった。

この不条理を押し付ける世の中を引っくり返したい。

人間を「数」として扱い、
簡単に切り捨てる世の中を引っくり返したい。

目の前の金儲けの為に、
企業の論理で、
僕たちから「生きる権利」や「表現の自由」を
奪おうとする者たちと闘う事に決めたんだ。

国会の中に入って、皆の声を形にする。

下心なんてないよ。
強いて「下心」を言うなら、

「生き延びたい、皆で生き延びたい。」

それだけ。

力、貸し貰えますか?

● 観てね 6分の動画
http://m.youtube.com/watch?v=l4QYuHGBFdQ

-------------------------------------------


コメント
 
 
2013年7月21日 08:12
そんな方だったのですね。
素敵な方で良かった(*^^*)

新聞も取っておらず、テレビも見ない生活をしているため、ネットからのみの情報しか私は知りません。

ネットだけの情報だと興味関心があるものしか私には入って来ないので、いつも世間から遠ざかってしまいがちです。

こうしたサイトやsnsでの信頼できる方の情報って貴重です。
ありがとう^ ^
2013年7月21日 08:56
ももこさん

おはようございます♪
いつもコメントありがとうございます。(^^)

山本太郎氏の勇気ある行動は、
ネット上では、とても有名です。

原発問題、沖縄の基地問題、TPP問題等について、
学者や有識者とも交流を深め、
とても勉強されています。

また、その内容を、多くの人に伝えるため、
各地で公演を行っています。

その功績は、人伝えでだんだん広がって、
支援者も増え、
収入のない山本氏を支えているのは、
1000人を超えるボランティアです。

私の周囲では、山本氏の勇気ある言動はとても有名で、
当たり前のように既知だったので、
一般の方にも、すでに理解されているんだと、
勘違いしていました。(^_^;)

ご理解いただきまして、
ありがとうございます。 (^^)


2013年7月21日 14:58
こんにちは。

私も山本太郎さんのサイト、政権放送を観て、熱くて行動力のある人だな。
この人に1票入れようかな。 と思ったけど、
政治に詳しいオットにそれを話すと、「彼は間違った認識も沢山あって危険かも」
と聞いたので、最初から決めていた維新の会の人に入れる事にしました。

でもギリ山本太郎は当選するかもしれない、って予想も聞いた。

私は入れなかったけど、nana2013さん応援してるなら当選すると良いね!

12chの池上さんの「19:50 池上彰の参院選ライブ」を視聴予約してあります。

自民党だけは勝たせたくない。
 
 
2013年7月21日 16:30
お体のことは気になっていましたが、薬が効いて本当によかったです。
山本太郎さんについては、正直申しますと急にどうしたんだろう?というのが最初の印象でした。
しかし、自分の意志や考え方を口にだして伝えるというのは勇気のいることですし、なかなかできないですもんね。
nana2013さんの日記は色々勉強になります。
2013年7月21日 16:54
健康体が突然、末期の癌だなんて。。。
お薬が効いて本当に良かったです。 お薬、辛かったでしょ。大変でしたね。 頑張りましたね。

私の家族、親せき、元オットなどなどからの暴力・暴言でのCPTSD(複雑性心的外傷症候群)なんかチッポケに思えます。

私も前向きに生きなきゃ。と思わせてくれました。 いつも本当にありがとうございます。
 
 
2013年7月21日 21:14
山本太郎さんの当選が確実とでましたね!
おめでとうございます\(^^)/
2013年7月21日 23:55
コメントくださった みなさんへ

本当に、ありがとうございます。

今、日本は本当に危機的状況です。

憲法改正し、
戦争への参加を容易にしようという動き、

原発を再稼働し、
海外へも原発を売り込む動き、
(核廃棄物の)最終処分地も決まっていないのに、

TPPに参加しようという動き、
TPPに参加すれば、
安全な食料の確保は難しくなります。
日本人の雇用も失われます。
公共事業に、海外企業が参入すれば、
水道、ガス、電気料金は軒並み上がります。

そして、なにより、
アメリカ企業から、日本政府は訴訟され、
損賠賠償を要求されます。
その損害賠償は、国民の血税です。

これらの日本国民にとって、
不利益な多くの事を、
自民党、公明党、みんなの党、維新の会は、
着々と推進しています。

これからも、国民が政治に関心を持ち、
勉強し、チェックする姿勢が重要だと考えています。
2013年7月22日 00:23
コメントくださった みなさんへ

健康について、
ご心配をかけるような書き込みしまして、
すみませんでした。

また、優しいお心遣いに、
本当に感謝しています。

今は、本当に健康体ですので、
ご安心ください。(^^)

これからも、みなさんと一緒に、
健康的なダイエットを目指して、
頑張りたいと思います。

よろしくお願いします♪

コメントする


 


50代前半 女性 身長:154.0cm
昔は、ほぼ毎日ジムで体を鍛えていました。

その頃は、アスリート並みに、しなやかで無駄のない体型。

しかし大病をしたのをきっかけに、徐々に運動しなくなりました。

また、仕事のストレスと忙しさで、知らず知らずの間に肥満体型に・・・。

健康のために、標準体型を目指します。

■■ 計測値 ■■

2013年05月10日
体  重: 61.0
体脂肪率: 34.4

2013年06月10日
体  重: 56.7 (-4.3kg)
体脂肪率: 32.9 (-1.6%)

2013年07月10日
体  重: 52.8 (-8.2kg)
体脂肪率: 30.4 (-4.1%)

2013年08月10日
体  重: 49.4 (-11.6kg)
体脂肪率: 28.3 (-6.2%)

2013年09月10日
体  重: 46.1 (-14.9kg)
体脂肪率: 26.8 (-7.7%)

2013年10月10日
体  重: 45.4 (-15.6kg)
体脂肪率: 25.5 (-9.0%)


■■ 参考値 ■■

身長(cm) 154

標準体重 52.2
理想体重 49.80
美容体重 47.43

標準体重 52.2
肥満度 (+30%) 67.8
肥満度 (+20%) 62.6
肥満度 (+10%) 57.4
肥満度 (-10%) 47.0
肥満度 (-20%) 41.7
2013年5月10日スタート
開始時61.0kg 34.5%
-15.5kg -9.4%
現在45.5kg 25.1%
目標達成!! あと0.1%
目標46.0kg 25.0%

 

今日
昨日
合計

 

  2018年7月  
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

 

一覧へ

 

うさまる
女性 
154.0cm 48.4s

sabo
女性 
156.0cm 43.1s

みく
33歳 女性 
155.5cm 48.2s

一覧へ

 

てびち
38歳 女性 
150.0cm 53.8s

dokinchan
40代前半 女性 
150.5cm 62.2s

☆ゆずゆず☆
40歳 女性 
165.0cm 95.0s

一覧へ
ブログパーツのご案内
ダイエット日記

ダイエットピンキーカロリー計算ツール
携帯から更新しよう!