このユーザーをお気に入りに登録する
ダイエット日記 > 黄色いビスケットさんのマイページ

日記

2019年12月27日(金)
体重59.8kg   体脂肪率27.3%

空腹なら食べる

未記入

コメント(0)

2019年12月25日(水)
体重58.5kg   体脂肪率26.6%

空腹なら食べる

○
中学生の時の話 兄のこと

画像は夫の姉からクリスマスギフトとして
送られてきたチョコレートファッジ。
彼女の恒例行事で、何十年も続けているそうだ。

*****************

中学生の時の話の続き。

顔と上半身は普通、でも脚が異様にブットイままの私だった。

女子中学生のわりには見た目に無頓着であった。

あの当時周囲の子たちは見た目、
特に髪型ばかり気にする子がとても多かった。

80年代前半である。

不良ブームといわれ、不良っぽい格好や言動が子供たちの間で流行っていた時期でもある。



今日は話の私の兄を出す。

兄を××と呼ぶことにする。

前回は、私が学校に根付く理不尽な因習を破ったことで先輩たちからすっかり目をつけられた、という話を書いた。

学校の内外で罵倒される日々であったが、彼らの誰1人として私の近くにやって来て堂々と文句を言うやつはいなかった。

遠巻きに悪口を叫んで足早に立ち去る者ばかりだった。

ある日こう叫んだ女の上級生がいた。


「××先輩の妹だからって挨拶しなくていいのかよ?!」
(すごい言葉遣いである)


力いっぱい叫んで走るようにして逃げた。

は?
××?
なんでお兄ちゃんの名前が出るの?


不思議に思った私は家で、
初めて兄に外で起きていることを話してみた。

まず、私が知らない上級生には別に
ペコペコ挨拶していないこと。

面識のある先輩には普通に挨拶していること。

知らない奴が学校内外で私を罵倒すること。

面識のある先輩は誰一人嫌がらせしないことなど。

そしてその日初めて、上記のようなことを
叫ばれて意味不明だったこと。


その中学校の卒業生であり、
すでに高校生となっていた私の兄は愉快そうに言った。


「何だお前?!先輩に挨拶してないの?うわ〜。あの学校で?お・そ・ろ・し〜い!」


そして兄は言った。

「お前な、嫌がらせって言うけれどその程度で済んでいるのは俺のおかげなんだぞ?」


「どういうこと?」


兄の話はこうだった。

兄があの中学校に在学中、兄はとても怖い先輩として下級生たちから恐れられていたこと。

暴力、暴言、その他駆使できる限りの圧力を用いることで、下級生たちに虐待の限りを尽くしていたようである(本人談)。


テニス部の部長であり、
被害者の多くはテニス部の部員だったようだ。

そして学校中で恐ろしい人として認識されていたそうだ。

逆らうものは皆無だったそうだ。


そんなことは初耳であった。


ちなみに兄は、当時問題になっていた非行少年とか、番長とか、珍走団とか、やくざの使いっパとか、チンピラとかでは全然なかった。


見た目はむしろ真面目そうであり、
成績だってまぁまぁよかった。


一見、普通の子だった。


不良じゃないのにそれだけ怖がられるということは、とんでもなく恐ろしい人間だったということだ。


切れたら何をするか分からない系。


しかも教員や親といった大人が介入しなかったということも恐ろしい。


すべては子供たちの間で起きていることであった。

子供は学校で何かあっても、
なかなか親や教師には報告しなかったからね。

そんなことをしたら、チクったとか言ってさらなる悪質な報復が待っていることを本能的に悟っていたのであろう。


兄はいじめっ子だったのだ。


家でも横暴なところはあったが、
学校でそんなことになっているとは露知らずであった。

そして私は何も知らないまま中学校に入学。

同時に兄が卒業。

先輩たちにしてみたら、悪質ジャイアンが卒業した替わりに未知の妹ジャイ子が入って来たということになる。

そして因習に従わないその1年生を、
悪質ジャイ子と認識するようになったのだ。

しかし何度も言うけれど、部活、委員会、家が近くなどで顔と名前が一致している先輩たちには普通に挨拶していた私。

ちゃんと敬語も使うし、逆らうこともしなかった。


この学校の因習とは、知らない人間でも、上履きの先っぽの学年カラーを見てそれが先輩カラーの場合は、へこへこと頭を下げなければならない、しかも先輩はふんぞり返って挨拶を無視してよいという因習。

奇妙な奇妙な習わしだった。

破ってやった。

そして私にとって、兄貴はなーんの関係も無かった。

知らなかったし。

でも先輩たちからしたら、虎の衣ならぬ××先輩の衣を借りて無礼を働くトンデモな妹ってことだったようだ。


それまでにあちこちで嫌がらせを受け続けて、
実はちょっと心が折れそうな私だった。

でも兄のことを知って、怒りがわいてきた。


兄貴は関係無いんだよ!
この馬鹿どもが。
腐った思考の腐った連中に負けてたまるか。


折れかけた心が増強されて持ち直した瞬間だった。

ますます知らない先輩たちを無視することにした。

12歳だった。

続く

コメント(0)

2019年12月24日(火)
体重58.9kg   体脂肪率26.7%

空腹なら食べる

○
昨日の内容

画像は昨日の夕飯の一部


<昨日の飲食物>

コーヒー牛乳 リンゴ酢の炭酸水割

朝昼兼用
鮭のソテー 玄米とほうれん草のクリーム煮 トマト コーンとグリーンピース シュウマイ トルティーヤチップス サルサソース

間食
キムチ納豆 ピスタチオ

夕食 
牛ステーキ カプレーゼ サツマイモのレモン煮 玄米とほうれん草のクリーム煮 ゆで卵 ピーナッツ レーズン 生野菜サラダ ウイスキー

<昨日の運動>
ストレッチ準備体操 ヨガ10ポーズ 歩く・走るを交互に1時間 室内自転車30分 軽い筋トレ

<昨日の体調>
便秘。それ以外は良好。

コメント(0)

2019年12月23日(月)
体重58.9kg   体脂肪率26.5%

空腹なら食べる

○
早死にした長寿研究家

画像は今朝運動のあとで飲んだドリンク。

自作のリンゴ酢を炭酸水で割りライムを絞った。

甘酸っぱくて美味しい。

**************


「痩せるためにダイエットしない方法」

―How Not to Diet―

この本を少しずつ読んで思ったことを書く。

前書きの続き。

こんなことが書いてある。

巷には嘘だらけのダイエット情報があふれており、
銭儲けの温床となっている。

ニューイングランド医学ジャーナルの肥満に
関するある記事はこう結論づけている。


「嘘っぱちで科学的根拠のない肥満にまつわる神話(迷信)がはびこっている。医療系の雑誌や新聞においてもそれは同様である。」


著者チームはこれらの嘘っぱち情報を暴くため、
徹底調査を行ったそうだ。

発明家の栄養士で健康マニアのネイサン・プリティキン(Nathan Pritikin)の研究のおかげで家族が心臓病から救われたことに感謝していて、それと同じことを皆にもダイエットでやりたいと考えているそうだ。

著者のDVD、講演会そして書籍(この本を含む)からの収益は100パーセントチャリティーに寄付するのだそうだ(どこのチャリティーかは書いていない)。




<感想>

医学ジャーナルですら当てにならないとしたら、
何を信じていいのか分からないね。

医療関係者がいい加減な情報を
まき散らしているということなのだから。

この本だってどうだかってことになるけれど。


著者が傾倒しているらしいプリティキンなる人物は
発明家で栄養士で長寿研究家だったようだ。


本人は白血病を苦に、69歳の時に自殺したとある
(ロサンゼルス・タイムズで確認)。


他人のために長生きの方法を研究していた人がそんなに早く死んでしまうとは、何とも言えない気持ちになる。


コメント(0)

2019年12月22日(日)
体重58.4kg   体脂肪率26.4%

空腹なら食べる

○
撮影と測定
撮影と測定
撮影と測定

測定(    )内は先週比。


体重:58.4キロ(+1.7)

体脂肪:26.4パーセント(+0.9)

バスト:80センチ(―1)

アンダーバスト:69センチ(+1)

ウエスト:65センチ(―1)

ヒップ:82センチ(−1.5)

太もも:45センチ(―1)

ふくらはぎ:34.5センチ(+0.7)

足首:20センチ(+0.2)

二の腕:20センチ(−1.5)

コメント(2)

  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10    
日記一覧
日記画像一覧

 


40代後半 女性 身長:160.0cm
大幅に減量してはデブに戻り、戻るたびに悪化するという、リバウンドの王道を繰り返して来たリバウンドクイーンです。

今回は減量した後、ずっと維持できるようにしたいです。
そのためには、無理は駄目。
今までのリバウンドの原因は、減量中に自分に無理を強いていたから。

だから痩せたと思った途端に続かなくなった。

これをやれば痩せる、ということは色々あるけれど「それ、一生続けられる?」と自問自答しながら続けていこうと思っています。

体重の推移
詳細は少しずつ記事に書こうと思います。

高校入学時は50キロぐらい
@ 61キロ→50キロ
A 50キロ前半から半ばをウロウロ
B 55キロ→50キロ
C 50キロ→62キロ
D 62キロ→52キロ
E 52キロ→45キロ
F 45キロ→51キロ
G 51キロ→47キロ
H 47キロ→62キロ
I 62キロ→46キロ
J 46キロ→54キロ
K 54キロ→48キロ
L 48キロから50キロ台前半をウロウロ
M 50キロ台前半→70キロ
N 70キロ→60キロ
O 60キロ→77キロ
P 77キロ→61キロ
Q   61キロ→64.8キロ(ピンキー登録)

現在に至る


2018年11月11日スタート
開始時64.6kg 35.9%
-4.4kg -8.5%
現在60.2kg 27.4%
あと8.2kg あと5.4%
目標52.0kg 22.0%

 

一覧へ

 

書き込んだスレッドはありません。

 

  2020年1月  
        
9
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

 

neconeko
50代後半 女性 
163.0cm 60.2s

なな
30代前半 女性 
158.0cm 62.2s

todahi
60代前半 女性 
161.0cm 58.7s

一覧へ

 

ぽよ
53歳 女性 
166.5cm 54.9s

しろ
30代後半 女性 
152.1cm 40.8s

あんてぃん
50代前半 女性 
164.0cm 70.9s

一覧へ
ブログパーツのご案内
ダイエット日記

ダイエットピンキーカロリー計算ツール
携帯から更新しよう!