このユーザーをお気に入りに登録する
ダイエット日記 > 黄色いビスケットさんのマイページ

日記

2020年1月2日(木)
体重59.0kg   体脂肪率26.7%

空腹なら食べる

○
中学生の時のこと 待ったがかかる

画像は今日のおやつ
森永チョイスを牛乳と共に。

*************

中学生の時のこと。

小学生の頃のような全身肥満ではなくなり、
一見普通の体型になった私。


しかし異様に太い脚がそのまま残ってしまった。


中学生になったばかりの時は、オフコースの小田和正の
嫁さんになると勝手に決めていた私。


2年生の途中からやっとK君という特定の
男の子と仲良くなったということを以前書いた。


そんな私でも、1年生の時にちょっと興味をもった
男子生徒がいないわけではなかった。


ブラスバンド部でトロンボーンを吹いていた
3年生のA先輩である。


野獣のような風貌に反し、面白ろくて優しくて
クレバーな男だった。


大根象足の分際で、私はその先輩男子に
ちょっかいを出し始めた。

そこで速攻で待ったがかかった。


クラリネットのKちゃんだ。


Kちゃんは私に言った。


昔からA先輩のことを知っていて、ずっと片思いなのだと。


一途に思い続けて未だに告白できないのだと。


だから取らないでくれと。


取らないでっていわれてもなぁ・・・。


あなた彼女でもないのに?


大体私が相手にされるかどうかも分からないじゃない?


何といっても怒涛の象足である。


諸般の事情で色んな人から睨まれて嫌われている身だしね。


しかし「駄目だ〜黄色いビスケットに取られる〜っ」と
叫ぶKちゃんを見て、私は引き下がることにした。


ドロドロ劇はご免である。


そこまで本気って訳でも無いし・・・。


今だったらどうかなぁ。


もし私を含む当事者が全員シングルだったら・・・?


しかも彼女でも何でも場合?


その場になんないと分からないな。


引き下がってもいいけれど、さっさと告れよ迷惑だから、
とか言うかも。


ちなみにブラスバンド部の中でのモテキャラは、
A先輩ではなくトランペットのK先輩だった。


優男風で、きゃーきゃー言っている女子がわりといた。


普通に優しくて感じのいい人だったな。


問題は後から入学してくる弟なんだけれどね。


まぁそれは後述するか。

続く。

コメント(0)

2020年1月1日(水)
体重58.9kg   体脂肪率26.7%

空腹なら食べる

○
ちょっとずつ進む

画像は今日の朝食

オートミル+かつおぶし+塩昆布
りんご

*************


「痩せるためにダイエットしない方法」

―How Not To Diet―

この本を少しずつ読んで思ったことを書く。



導入:大きいことは(時には)いいことだ

こんなことが書いてあった。



出版物エージェントからなるべく薄い本を
書くように言われた。

読者は自分が痩せた姿を思い描けるかのような
薄っぺらい本を欲しているのだと。

期待に沿えず悪いが、それは無理だった。

私の本は超分厚い。

私はいかにして痩せる方法の結論に到達したかを
明確に説明し、科学的根拠を示したかった。

体内時計を使う方法も含めて。

私はダイエットの教祖様になんぞなりたくない。

痩せ方の科学的決定打と言える方法もある一方で、
はっきりしないものもある。

その辺りの違いも明確にする。

カール・セイガンの言う通り、科学そのものが人間にどう行動すべきかを示すことはないが、人間に行動の選択肢を与えることはできるのだ。


<感想>

570ページの本だ。

あえて少しずつしか読まないようにするので、
終わるまでにチョー時間がかかるであろう。

それでいいや。

体調・体型管理の一環としてのルーティンの
1つという位置づけだから。

著者が引用した文言の主カール・セイガンという人は天文学者だが、この人は62歳で肺炎で死去している(その前に骨髄異形成症候群にかかる)。

著者が尊敬している長寿研究家の
ネイサン・プリティキンも69歳で亡くなっている。

死因は白血病を苦にしての自殺だそうだ。

比較的早死にと言える2人の人物を序章で
触れることが恣意的であるとは考えづらい。

ただの単純なアイロニーとも考えづらい(そうだったりして)。

何を言わんとしているかは、本の中身を読むうちに追々分かって来るだろう。


続く

コメント(0)

2019年12月31日(火)
体重58.6kg   体脂肪率26.7%

空腹なら食べる

○
中学時代の話 部活

画像は我が家の近くの道路で停車していたパトカー。
昨夜撮影。
年末のネズミ捕りか。

************


中学生の時の話の続き。
 
小学生時代の終わりから肥満体型を脱し
、一見して普通体型に推移した中学時代。

顔や上半身は普通なのに、異様に太い脚が残ってしまった。

女子中学生のわりにはどちらかと言うと見た目に無頓着だったので、ダイエットしようという気はゼロ。

脚というのは細くならないものだから仕方が無い、
という諦めと居直りの姿勢だった。

しかも相も変わらずの運動嫌い。

食べたいものを食べ飲みたいものを飲む。



当時在籍していた学校の変な因習を破ったことで、
敵を作ってしまったことは前述した。


兄貴の暴虐ぶり(本人談)から誤解を受けて
ますます白い目で見られたことも。


針のむしろの中学生生活。

それでも楽しいことはたくさんあった。

まず、勉強が嫌いではなかった。

トップクラスとまでは行かないが、
そこそこの成績はキープしていた。


部活はブラスバンド部だった。

アルトサックスを吹いた。

練習するのが好きだったし、文化祭や体育祭などで
貢献することにも張り合いを感じていた。

In the Moodのソロパートを任せてもらったのも嬉しかったな。

部活の仲間や先輩たちも個性的な面々が集まっていた。

私が1年生の時の部長はUさんという女性の先輩で、
大変品のある人だった。

優しくて物腰が柔らかくて、それでいてしっかりしていた。

2年生の時の部長はKという先輩で、
いい意味で面白い男だったな。

文化祭のステージでビートルズのGet Backを、
ギターを弾きながら歌ったのが印象的だ。

ギターは上手だけれど歌は正直言って音痴だと思った。


(あの歌、実際謳ってみると結構歌いづらいね。
音痴と思ってすいません。)


ある日練習が終わるのが遅くなり、部員全員が下校時刻に間に合わず校門のところで係の教師に整列させられた。

その教師は、時間が守れなかったのは部長のお前のせいだから部員全員をお前が殴れとK先輩に命令した。


K先輩は私たちを殴る代わりに、私たち一人ずつの頭を撫でた。


教師がどんな反応をするかと思ったが、
何も言わなかった。

よかった。


あの当時は教師の気に入らないと、
鉄拳制裁が当たり前だった。

K先輩が張り倒されるんじゃないかと思った。


でもその教師は見て見ぬふりをした。

学校全体が荒れていたので、
教師も内心ビクビクしていたのだ。

しかし担任教師が暴力をふるうことはほとんどなかった。

暴力担当はそれ以外の教師だ。

担任が暴力を振るうと収拾がつかなくなるからそれ以外で、と教師の間で話し合いが出来ていたんじゃないかと想像している。


理不尽に殴られた。


私みたいな普通の子ですら。

子供側もどれだけ教師から理不尽な目にあわされても、
親に相談しない子が多かったと思われ。


親に言ったところで、自分が悪者にされるのが目に見えているから。

私は中学時代(あるいはそれ以降も)に学校で起きたことなんか、ほとんど親に話さなかった。


何はともあれ、部活は楽しかったな。

3年生になり、同学年のMという女子生徒(記憶違いでなければ)が部長になった。

なかなか綺麗な顔をした子だった。

ほんの一時期だけれど妙に仲良くなって、
一緒に下校したりしたこともあった。

手をつないだりして。


妙な雰囲気だった。


いつの間にか仲良し解消してしまったが、
あれはいったい何だったのかなぁと今でも時々思う。


きっと本人は忘れているだろうな。

続く。

コメント(0)

2019年12月30日(月)

空腹なら食べる

○
撮影と測定
撮影と測定

昨日の測定(   )内は先週比。

昨日の結果。
今日は測定していない。

体重:58.5キロ(+0.1)
体脂肪:26.4パーセント(0)
バスト:82センチ(+2)
アンダーバスト:69センチ(0)
ウエスト:67センチ(+2)
太もも:44センチ(―1)
ふくらはぎ:34センチ(+0.5)
足首:20.3センチ(+0.3)
二の腕:25センチ(+5)

コメント(0)

2019年12月28日(土)
体重58.7kg   体脂肪率26.6%

空腹なら食べる

○
昨日の内容

<昨日の飲食物>



コーヒー牛乳 リンゴ酢の炭酸水割


<朝昼兼用>
魚介のスープ マカロニアンドチーズ セロリ キュウリ ニンジン ピーナッツバター


<間食>
七面鳥肉 コーヒー


<夕食>
野菜スープ マカロニアンドチーズ ほうれん草・ブロッコリー・キャベツのサラダ+レモン トマト リンゴ ヒカマ ランチディップ ウイスキー


<寝るまでの間>
ウイスキー あたりめ レーズン

*****************

<昨日の運動>
歩く・走る交互に6.4キロ 室内自転車30分


<昨日の体調>
下痢。断続的な目のかゆみ。それ以外は良好。

コメント(0)

  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10    
日記一覧
日記画像一覧

 


40代後半 女性 身長:160.0cm
大幅に減量してはデブに戻り、戻るたびに悪化するという、リバウンドの王道を繰り返して来たリバウンドクイーンです。

今回は減量した後、ずっと維持できるようにしたいです。
そのためには、無理は駄目。
今までのリバウンドの原因は、減量中に自分に無理を強いていたから。

だから痩せたと思った途端に続かなくなった。

これをやれば痩せる、ということは色々あるけれど「それ、一生続けられる?」と自問自答しながら続けていこうと思っています。

体重の推移
詳細は少しずつ記事に書こうと思います。

高校入学時は50キロぐらい
@ 61キロ→50キロ
A 50キロ前半から半ばをウロウロ
B 55キロ→50キロ
C 50キロ→62キロ
D 62キロ→52キロ
E 52キロ→45キロ
F 45キロ→51キロ
G 51キロ→47キロ
H 47キロ→62キロ
I 62キロ→46キロ
J 46キロ→54キロ
K 54キロ→48キロ
L 48キロから50キロ台前半をウロウロ
M 50キロ台前半→70キロ
N 70キロ→60キロ
O 60キロ→77キロ
P 77キロ→61キロ
Q   61キロ→64.8キロ(ピンキー登録)

現在に至る


2018年11月11日スタート
開始時64.6kg 35.9%
-4.4kg -8.5%
現在60.2kg 27.4%
あと8.2kg あと5.4%
目標52.0kg 22.0%

 

一覧へ

 

書き込んだスレッドはありません。

 

  2020年1月  
        
9
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

 

neconeko
50代後半 女性 
163.0cm 60.2s

なな
30代前半 女性 
158.0cm 62.2s

todahi
60代前半 女性 
161.0cm 58.7s

一覧へ

 

ぽよ
53歳 女性 
166.5cm 54.9s

しろ
30代後半 女性 
152.1cm 40.8s

あんてぃん
50代前半 女性 
164.0cm 70.9s

一覧へ
ブログパーツのご案内
ダイエット日記

ダイエットピンキーカロリー計算ツール
携帯から更新しよう!