このユーザーをお気に入りに登録する
ダイエット日記 > 黄色いビスケットさんのマイページ

日記

2019年12月1日(日)
体重59.4kg   体脂肪率27.1%

空腹なら食べる

○
撮影と測定
撮影と測定
撮影と測定
撮影と測定


測定(   )内は先週比。

体重:59.4キロ(+0.9)
体脂肪:27.1パーセント(+0.5)
バスト:83センチ(0)
アンダーバスト:71センチ:(+0.5)
ウエスト:68センチ(+1)
ヒップ:85.5センチ(+0.5)
太もも:45.5センチ(+1)
ふくらはぎ:34.2センチ(+1)
足首:20センチ(+0.3)
二の腕:24センチ(+1)




私の人生の体重推移

これから少しずつ順を追って書こうと思う。

プロフィールにある@からQは、
高校3年生の春から去年の11月にいたる
30年間の体重の推移である。


今日はそれ以前の幼児期から小学校4年生までについて。


おデブちゃんだった。

幼児の頃の写真を見るとすでに太っている。

よく食べる子供だった。

目の前に食べてもオーケーな食べ物があると
延々と食べ続けた。

よく胃を壊さなかったものだ。

大抵のものは美味しく頂いたが、
特に母親の手作りの料理が大好きだった。

私がよく食べると母は喜んだ。



小学校時代を振り返って、
私が食べるのを拒否したのは1回だけである。

某ファミレスのハンバーグステーキだ。

一口だけ食べて終了。

家族からどうしたのかと尋ねられ、
まずくて食べられないことを打ち明けた。


驚愕する家族。


黄色いビスケットですら食べるを拒否するまずいハンバーグを出す店として、しばらくの間、身内の間ではそれがひんぱんに話題に上がった。


あの店のくそマズハンバーグ以外は、
なんでも美味しく頂いた。


運動は苦手だった。

走るのは遅いし、周囲の子が当たり前にやっている雲梯、鉄棒の逆上がり、跳び箱が苦手であった。

マット運動のでんぐり返しは前から行く方はなんとかできたが、逆に行く方が怖くてできなかった。


でも不思議なことにあからさまに
馬鹿にするやつはいなかった。

そこのところは教員が上手にやってくれていたのかもしれない、今から思えば。


1年生T先生
(お化粧オバケと呼んでごめんなさい。ひどい子供だった。)


2年生I先生
(家庭訪問の際、私を痩せさせるよう母に勧めたそうだ。この先生も太っていたので母がそれを指摘すると、本人は病気で薬の副作用のせいなのだと母に説明したそうだ。しかし母もよくずばり言ったよなぁ・・・カチンと来たんでしょうね。)


3年生I先生
(とても優しかった。クリスチャンだった)


そして4年生K先生(ぴちぴちギャルだった。)


先生方、ありがとうございました。


あるいは私が鈍すぎて、
馬鹿にされていても気がつかなかったのかもしれない。


大いにありえる。

好きなことは人形ごっこによるロールプレイング(友達とすることが多かったが一人でもやった。)、読書、お絵かきそしてテレビを観ること。

座ってやることばかりだ。

小学3年生になると、ものを書くことも好むようになった。


物見遊山で歩くことは厭わなかったが、
純粋な運動のための運動を嫌った。

それが私の幼児期から小学校の途中まで。
以上。

コメント(0)

2019年11月29日(金)
体重58.3kg   体脂肪率26.5%

空腹なら食べる

○
来週からの予定

画像は今日の朝食


***************


「10日間緑のスムージー浄化ダイエット」
―10-Day Green Smoothie Cleanse―

この本に書いてある、スムージーを用いた10日間の体内洗浄作戦を月曜日から始める予定。



基本ルール

10日間の間に摂取するのはスムージー、高蛋白質のおやつ、デトックス茶そして水のみ。

起床後、水をコップに2、3杯と市販のデトックス茶を飲む。

著者が指定するレシピに基づいたスムージーを決められた分量だけ1日かけて摂る。

空腹を感じたら指定されたおやつを食べる。

3、4時間に一度はスムージーかおやつを口にする。

上記に加えて水を2リットル摂る。

便秘したら指定の塩水を摂る。

それ以外のもを摂取するのは原則として禁止。





緑のスムージー浄化の主な目的は解毒であり減量ではない。

(体験談のほとんどが10日で10ポンドから15ポンド(約4.5キロから6.8キロ)痩せたと証言している。

しかしこれらの証言者はもとの体重が私よりもうんと多い人たちだ。

だから私はこの体重の減り方は最初から期待していない。)




浄化により起こりえる副作用:

頭痛、その痛み、吐き気、断っている食品に対する渇望感、疲労、筋肉痛、鼻水・目やになど、肌のできもの、いらつき感。


上記の症状がひどすぎる際は標準の浄化メニューを中止し、楽ちんバージョンに切り替えるようにと指示がある。



10日間の浄化終了後の計画

10日間の浄化後、通常の食事に戻るまでの4日間の回復期をもうけてある。

その4日間は著者の支持する食生活を送る。

その後通常の生活に戻る。



10日間緑のスムージー浄化ダイエットには続きがあり、その後痩せ続けるためのアドバイスが書いてある。

一生続けるのだそうだ。

読んでみたがとても続けられない内容なので、実行しないだろう。

一生小麦粉を使ったパンや麺類や白いご飯を食べるなとか、食事前の30分、食事中そして食事後の2時間は水を飲むなとか、添加物の入ったものは一切摂らないとか。オーガニック食品と自然食品ばっかり食べろとか。

そんなのやる気ない。

身体によいものを食べるアイデアは取り入れることもあるだろう。

しかしこの本の、あれ食うなこれ飲むな、に100パーセント従う気は無い。

ちょっと控えるぐらいならまだしも、排除しろって言うんだもん。

人生を変えろとか言ってさ。



とりあえず、10日間のスムージー生活は試してみる。
とても無理と判断した場合は中止する。





コメント(0)

2019年11月28日(木)
体重59.1kg

空腹なら食べる

○
「自分が痩せていると思いなさい」を読み終わった

体重計の不具合のため体脂肪は表示されず。


****************


画像は今日のブランチ
御飯茶碗の中にあるのはオートミール。

**********


自分が痩せていると思いなさい」
―Think Yourself Thin―

この本を読んで思ったことを書く。


結論の章。

著者によるとダイエットとは
ただ痩せることではなく人生全体の改善なのだそうだ。

若く見えて気分もよくなるための十戒と題して、
以下のことが挙げられている。


1.汝を愛せ。自分をケアして大事にするのはわがままでも何でもない。自分を幸福で満たし、余った分をあげたければ他人にあげればよろしい。

2.健康管理は汝の自己責任である。

3.汝よく眠れ。睡眠無しに健康も美容もない。

4.汝デトックスせよ。解毒が減量と健康の近道である。

5.汝健康的であることがセクスィ〜である。

6.汝健康的な自然食を食せ。

7.汝老化を止めようとするのではなく、健康的に年を取れ。

8.汝本気で生活スタイルを変えよ。痩せた状態を維持できるかは生活スタイルに依存している。

9.これはただの減量ではない。生活スタイルを変える旅路と思え。自分自身に親切かつ強力的になれ。ちょっとでも上手く行ったら汝自身をほめよ。

10.笑え。笑いは魂によい影響を及ぼす。情熱をもって生きよ。夢をあきらめるな。そしてもっとも大事なことは愛だ。
愛は必ず勝つ!


<感想>

1の考え方は、自分のケアが後回しになっている状態の人にとっては大事だと思う。

2の考えももっともだとは思う。しかしあまり神経質になったり健康オタクになる気は無い。

3.あまり寝なくても元気な人(元気なふりではなく本心から元気)は無理して寝なくていいと思う。でも逆に疲れているときは無理せず休んだ方がいい。

4.これについてはよく分からない。体脂肪は減らないんじゃないかと疑っている。

5.確かに。不健康でけだるい雰囲気の美人もいるだろうが、その手の人たちは年取ったらアウトだからね。

6.私は食べたいものを食べる。オーガニックとか絶自然食じゃなきゃ嫌だとかという考えはない。

7.賛成である。皆結局歳を取るからね。

8.
リバウンドを繰り返してきた身としてまったく賛成。

その前に目標体重に落としてからだけれど。

しかしこの著者がいうような極端な健康生活を送る気は無い。

いったん希望の体重になって維持期に入ったら、こまめに調整し続ける生活スタイルをする。

私の場合、痩せたと思ったら体重計に乗らなくなったことが過去の度重なるリバウンドの原因だ。

減量中はそれはそれは熱心にやったからね。

人生の中で何度も何度も痩せて来たのだ。

そしてうんざりしてしまったのだ。

もうたくさんだ!!!爆発!!!みたいな。



(例外的に自然と痩せた時期もある。
プロフィールの@とGの期間だ。

@は高校3年生の1年間。

受験生生活をしている間に体重が落ちた。

ちょっとでも悪い頭をよくしたいと思っていたところ、雑誌か何かで頭をよくする食べ物についての記事を読んだ。

そこには野菜・芋・豆・魚介類とくに青背の魚を食べれば賢くなると書いてあった。

そこでまず、それらをたらふく食べまくり、それでも他のものが欲しければ食べるようにした。

制限は全然しなかった。

炭水化物、肉、油もの、菓子なんでも食べていた。

ただ食べるものの優先順位を意識しただけ。

頭は大してよくならなかったが、体重は落ちた。

運動は勉強の合間のラジオ体操のみ。


Gは夫が出張中の半年間。

この期間、食べることに関心を無くしていた。

ほとんど毎日仙人のように霞を食べて生きていた。

1日ほとんど何も食べない日もけっこうあった。

しかし、時たま無性に何かが食べたくなるときは食べたいものを食べたいだけ食べたので、それほど極端に痩せこけなかった。)

話は現在に戻る。

今回は爆発!!!を防止するのが目的のユル系ダイエットなのだ。

そして減量後は体重計に乗り続ける、それがプランだ。

体重計なんかなくても調整できる人には関係ないが、私には体重計が必要だ。


9.減量は長期戦、維持は死ぬまでだ。気長にやろう。


10.何だか・・・よく分かりません。著者が熱い人なのは分かった。



以上で「自分が痩せていると思いなさい」は終わり。


これから同じ著者の「10日間・緑のスムージー浄化ダイエット」を読む。

それから実際に浄化を体験してみようと思う。

11月末の感謝祭の休日が終わったあたりで始めるつもり。

コメント(2)

59.1kg

04:41

コメント(0)

2019年11月27日(水)
体重59.1kg   体脂肪率26.5%

空腹なら食べる

未記入

コメント(0)

2019年11月26日(火)
体重59.3kg

空腹なら食べる

○
白い米・小麦粉を排除しろだそうだ。

体重計の不具合により体脂肪が表示されなかった。

*************


「自分が痩せていると思いなさい」
―Think Yourself Thin―
この本を読んで思ったことを書く。

付録のページにある健康的な食べ物リストを読んだ。
以下のようなものを食べていれば痩せると著者は述べている。


低脂肪たんぱく質
魚介類各種 皮を除いた鶏肉類 赤肉で死亡の少ない部分
 乳製品(牛乳不可) 植物性のミルク


良質の炭水化物
果物各種 野菜豆類 全粒穀物・グルテンフリー


健康的な油脂
ナッツ 種 健康的な油液(アボカドオイル・ココナッツオイル・EVOOなど) 


健康的なおやつ:これらを1日に2回摂れと書いてある。
以下はほんの一例。
リンゴ大1個 ラズベリー1カップ(アメリカサイズ)
 カリフラワー1カップ 生アーモンド12粒 
ひまわりの種大さじ2 ピーナッツ20粒 ゆで卵1個 
無脂肪ヨーグルト1カップ ポップコーン5カップ
 他たくさんの種類が載っていた。




<感想>

鶏皮はデブの元なのでやはり取り除くのが基本か。

しかし・・・パリッと調理した鶏皮っておいしいんだよなぁ。

牛乳はお勧めしていないらしい。

その代わり、山羊や羊の乳製品はオーケーなんだそうだ。

牛の乳でも無脂肪ヨーグルトや
低脂肪チーズならいいのだそうだ。

私は温かいコーヒー牛乳を飲むのを日課にしており、
これは変える気は無い。

という割に、今朝は緑茶にしちゃったけれど。

白米や小麦粉を使ったものはリストから排除されている。

極端だ。

この本の著者が対象にしているのは肥満が原因で死に至りかねない深刻な肥満体の人なので、このぐらい徹底しているのだろう。

基本的にアメリカ人向けに書かれたもので、
我々東アジア人ほど白米に執着はないのかも。

しかし小麦は別だろーね。

パン、パスタ、ピザ、ケーキ、クッキー等々・・・普通の小麦を使ったものを一切無しにした場合、アメリカの肥満者にとってはがらりと生活スタイルが変わることになる。

覚悟がいるだろう。


日本人も小麦来粉使用の焼き菓子や
パン類麺類が大好きな人は多いから、
きついと言えばきついかも。


油はサラダ油でキャノーラ油なんかは駄目なんだそうだ。

リストにある油脂も摂り過ぎたら
肥満するのは同じだと思うけれどね。


ぶっちゃけ食べちゃいけないものは無いと思っている。

量に気をつけりゃいいんだと。

ちなみにおやつのリストからは
見事に菓子類が排除されている。


想像したとおりだ。

唯一の例外はポップコーン5カップ。

アメリカサイズの5カップってかなりあるぞ。

この著者ね、最初からポップコーンを
えこひいきしているんだよ。


弱点と見た。

まぁ人間らしくていいとは思うが。

コメント(2)

  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15    
日記一覧
日記画像一覧

 


40代後半 女性 身長:160.0cm
大幅に減量してはデブに戻り、戻るたびに悪化するという、リバウンドの王道を繰り返して来たリバウンドクイーンです。

今回は減量した後、ずっと維持できるようにしたいです。
そのためには、無理は駄目。
今までのリバウンドの原因は、減量中に自分に無理を強いていたから。

だから痩せたと思った途端に続かなくなった。

これをやれば痩せる、ということは色々あるけれど「それ、一生続けられる?」と自問自答しながら続けていこうと思っています。

体重の推移
詳細は少しずつ記事に書こうと思います。

高校入学時は50キロぐらい
@ 61キロ→50キロ
A 50キロ前半から半ばをウロウロ
B 55キロ→50キロ
C 50キロ→62キロ
D 62キロ→52キロ
E 52キロ→45キロ
F 45キロ→51キロ
G 51キロ→47キロ
H 47キロ→62キロ
I 62キロ→46キロ
J 46キロ→54キロ
K 54キロ→48キロ
L 48キロから50キロ台前半をウロウロ
M 50キロ台前半→70キロ
N 70キロ→60キロ
O 60キロ→77キロ
P 77キロ→61キロ
Q   61キロ→64.8キロ(ピンキー登録)

現在に至る


2018年11月11日スタート
開始時64.6kg 35.9%
-4.4kg -8.5%
現在60.2kg 27.4%
あと8.2kg あと5.4%
目標52.0kg 22.0%

 

一覧へ

 

書き込んだスレッドはありません。

 

  2020年1月  
        
9
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

 

neconeko
50代後半 女性 
163.0cm 60.2s

なな
30代前半 女性 
158.0cm 62.2s

todahi
60代前半 女性 
161.0cm 58.7s

一覧へ

 

ぽよ
53歳 女性 
166.5cm 54.9s

しろ
30代後半 女性 
152.1cm 40.8s

あんてぃん
50代前半 女性 
164.0cm 70.9s

一覧へ
ブログパーツのご案内
ダイエット日記

ダイエットピンキーカロリー計算ツール
携帯から更新しよう!