ダイエット日記 > しゃべり場 > 読んだ本について語るスレ(*´▽`*)

読んだ本について語るスレ(*´▽`*)

by Rize
2017年2月9日 22:33
読書の世界に入ると、余計な食欲や嫌なストレスを排除できる気がします。(単に読書そのものが好きで仕方ない人間ではあるのですが(;^ω^))

テレビをみながらはできる「ながら食べ」も、小説を読みながらってなかなかやらないのでは?(少なくとも私はやりません。本汚したくないし( ノД`))

なんて、多少強引にダイエットと繋げてみつつ、読書に親しまれている方たちと交流できたら幸せだと思い、スレッドを新たに立てさせていただきました。

自分も乱読派なのでジャンルは問いません。漫画も絵本も歓迎です☆

スレ主も読んだ本を不定期で書いていきます。
気軽な感じでご参加ください!

※初読の方も楽しめるように、ネタバレにはご配慮いただけると幸いです!


新着順|古い順
  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  
【384】 よもぎ
2017年11月13日 22:44
書き込む
白と雪さん♪

とりまとめありがとうございます。
『人生がときめく片付けの魔法』、最初の本を持っているのですが漫画も出ているんですね!
読んでみたいです。

片付けとダイエットって深い関係がある気がするので、『「片付けられない女」は太る』も気になります。


Me-さん♪

『よるくま』かわいらしいですよね!
夜の描き方も素敵で、大人も楽しめますよね。
うちの娘も大好きです。



クリスマスらしい絵本を読んだのでおすすめします。 
以前のジブリ美術館の特別展示の元にもなっていた絵本で、少し古びた加工をされた絵が素晴らしいです。
華やかなパーティーの様子や美しい雪景色に大人もクリスマス気分が高まります。

『くるみわりにんぎょう』
徳間書店

E・T・A・ホフマン原作
アンマリー・アンダーソン再話
アリソン・ジェイ絵
【383】 Me-
2017年11月10日 17:14
書き込む
お久しぶりにこちらにお邪魔しまーす♪
しかも、絵本なのですが(笑)

『よるくま』
2歳の娘の読み聞かせに購入したのですが、あまりにもお話が可愛くて(*´艸`*)
よるくまちゃんと男の子がお母さんを探しに夜のお出かけをするお話です。男の子もよるくまちゃんも可愛すぎる!!
この本、クリスマスのものもあるようで近々購入しようと思ってます!
娘よりもあたしが絵本にはまってる(笑)
【382】 Rize
2017年11月9日 00:21
書き込む
ディスカヴァー・トゥエンティワン 2012.4
『特殊清掃〜死体と向き合った男の20年の記録〜』
特掃隊長
223P

孤立死や自殺などの後始末を仕事とする著者が、
その実体験を赤裸々に綴っています。

これはかなりおすすめです。
是非読んでほしい一冊。
個人的にはかなりの良書。

ただ、読むのはあとがきまででいいかなと、解説を半分ほど読んだあたりで思いました。
解説は別の方が書かれていて、主張が強すぎて本編のよさが吹き飛んでしまいそうでした(;´Д`A ```



【381】 Rize
2017年11月7日 23:21
書き込む
サンマーク出版 2017.2
『マンガで読む人生がときめく片づけの魔法』
近藤 麻理恵‖著 ウラモト ユウコ‖マンガ
189P

書籍版をずっと前に読んでいたけれど、
漫画の方がわかりやすさはあります。
今でも無意識に使ってる方法もあったりして懐かしい。

結局これ全部その通りにはしなかった自分。
やってみるのもいいかなぁと思う部分もある半面、
ときめかないけど必要なものはどうすればいいんだとかも思ってしまう。


新講社 2005.12
『「片づけられない女」は太る』
小林光恵
142P

タイトルを見て以前も手に取ったことはあるけれど、
結局読まなかった本。
再度気になり読んでみました。

背表紙にくっきりはっきり目立つ感じでタイトルが入っているので、
何となく借りる時や返す時にすごく人目が気になる(~_~;)

ある人物から「片付けられない女は太る」と言われた著者。
最初は信じていなかったものの、結局そのおかげでダイエットに成功したという話。

わりと好きでした。次々襲ってくるダイエット挫折の波を片付けで淡々と乗り越えていく姿が(笑)
【380】 Rize
2017年11月7日 23:15
書き込む
講談社 2007.3
『ヒトクイマジカル〜殺戮奇術の匂宮兄妹〜』
西尾維新
477P

戯言シリーズ第六巻。
本シリーズここまでで最も人が死んだ回。
主要キャラかと思いきや、あっさりさっぱりあっけなく死んでいくのは「らしい」なぁ。

残るは『ネコソギラジカル』上中下巻のみ。
やっと戯言が終わる。


講談社 2001.8
『あさきゆめみし』(全7巻)
大和和紀

再読。
後半2巻が宇治十帖。

漫画でありながら結構なボリューム。
やっぱりこの世界観は好き。
源氏物語は与謝野晶子訳しか読んだことがないので、
他の訳者さんのものも読んでみようと思います。

【379】 Rize
2017年11月1日 23:31
書き込む
10月のまとめです。たくさんご紹介ありがとうございました(*ノωノ)
今月もよろしくお願いします(*- -)(*_ _)
間違いや抜け等ありましたらご知らせください。

【白と雪】10/8

文藝春秋 2017.7
『弥栄の烏』
阿部智里
349P
(ご紹介本)

三笠書房 2007.8
『図解世界がわかる「地図帳」〜眠れないほど面白い これが世の中を見る「新しいモノサシ」〜』
造事務所
215P

講談社2002.8
『クビツリハイスクール〜戯言遣いの弟子』
西尾維新
197P

KADOKAWA 2017.7
『それって、必要?〜いらないものにしばられずに、1週間で人生を変える30の方法〜』
筆子
221P


【もいもいさん】10/8

宝島社 2017.8
『神様に願いを叶えてもらう方法〜お金と幸運がどんどん舞い込む!』
すごい!神様研究会
171P


【よもぎさん】10/14

幻冬舎 2017.4
『貘の耳たぶ』
芦沢央
360P


【白と雪】10/14〜10/19

文藝春秋 2005.8
『驚異の百科事典男〜世界一頭のいい人間になる!』
A.J.ジェイコブズ
701P

主婦の友社 2015.3
『異世界食堂1』
犬塚惇平
335P


【もいもいさん】10/21

講談社 2005.9 
『黒魔女さんが通る!!1』
石崎洋司
217P

すばる舎 2016.2
『魔女入門〜暮らしを楽しくする七十二候の手仕事〜』
石田紀佳


【白と雪】10/23

理論社 1979.10
『ぼくは王さま』
寺村輝夫/作 和歌山静子/画
218P

KADOKAWA 2016.2
『あやかしお宿に好敵手きました。 』
友麻碧
350P
(ご紹介本)


【よもぎさん】10/23

光文社 2016.11
『クローバーナイト』
辻村深月
337P

講談社 2016.8
『猿の見る夢』
桐野夏生
451P


【もいもいさん】10/23

講談社 2007.12
『魔女館と月の占い師』
つくもようこ
267P

【もいもいさん】10/25

金の星社 1992.8
『魔女図鑑〜魔女になるための11のレッスン』
マルカム・バード/作・絵 岡部 史/訳
95P

静山社 2017.7
『魔女学校の教科書』
西村佑子
105P

ソフトバンククリエイティブ 2005.10
『ベアトリス・ベイリーの冒険 1〜ドラゴンと冬の森〜』
サンドラ・フォレスター/著 篠原 レイコ/訳
255P


【白と雪】10/29

講談社 2002.11
『サイコロジカル上〜兎吊木垓輔の戯言殺し〜』
西尾維新
242P

講談社 2002.11
『サイコロジカル下〜曳かれ者の小唄〜』
西尾維新
292P

講談社 2013.1
『せまいぞドキドキ』
ヨシタケシンスケ
103P

新潮社 2001.9
『ミルクのお茶』
おーなり由子
頁記載なし
【378】 Rize
2017年10月29日 22:55
書き込む
講談社 2013.1
『せまいぞドキドキ』
ヨシタケシンスケ
103P

「狭所マニアの生態」と「食についての思い出」。
後者の方がほっこりして好きでした。

日常をこんなに想像的に切り取れるところ、
そして何とも言えない画力がやっぱりすごいなぁと思わせてくれます。


新潮社 2001.9
『ミルクのお茶』
おーなり由子
頁記載なし

大人向けの絵本という感じです。
仲のいい友だち。お隣さん同士の女性二人(二匹?)。
「ミルクのお茶」をちょっと試したくなりました。

色の使い方がとてもうまく、わざとらしくない。
それなのに二人の楽しさや切なさ、悲しさや喜びが伝わってきてすごくいい作品でした。
【377】 Rize
2017年10月29日 22:50
書き込む
講談社 2002.11
『サイコロジカル上〜兎吊木垓輔の戯言殺し〜』
西尾維新
242P

講談社 2002.11
『サイコロジカル下〜曳かれ者の小唄〜』
西尾維新
292P

戯言シリーズ第四巻・第五巻。

語り部である「ぼく」を盛大に巻き込む形で、
またもや起きる事件。その謎を解く。
ラストで事件の全貌について詳細な解説をしないのが、
かえって効果的でよかった。

そういえば、戯言シリーズはそこそこ描写がえぐいというか、
猟奇的というか(;´・ω・)
苦手な人は苦手かもしれないです。
個人的にはこの著者はおすすめですが、
好き嫌いが激しく分かれるのかも?

【376】 Rize
2017年10月29日 22:44
書き込む
>もいもいさん

魔女入門は所蔵がなしのようなのでリクエストしてみます♪

ベアトリス……ベアトリーチェ……漫画ですが、うみねこ読みたくなりました。(ご存知かな?)
あとは魔女裁判系の本なんかも。相変わらずシリーズものをアホみたいに同時進行していて恐ろしいことになってます(;´Д`)

でもおいおい魔女っ子シリーズなんかも読みたいな(/ω\)
【375】 もいもい
2017年10月25日 21:55
書き込む
ソフトバンク クリエイティブ株式会社(出版社?なのかな?)
『ベアトリス・ベイリーの冒険1 ドラゴンと冬の森』
サンドラ・フォレスター
篠原レイコ/訳

(全四巻)

魔女ブーム中なので、まだまだ魔女の本を読んでいます。
エリートではない魔女っ子の大冒険。
同じくエリートではない(叩き上げ?w)友達三人と共に家系の呪いや宿命に立ち向かう、ファンタジー冒険活劇。イメージは女の子版ハリーポッター。
この児童書は読みやすく面白かったです。

この本を読んでわかったのは、私はドジっ子が主人公の本は合わないんだなということ(笑
この本の主人公はドジっ子ではないので、子供特有の残酷さがあってもイライラしないで楽しく読めます。ドジっ子が苦手な方も安心して読めます。



静山社
『魔女学校の教科書』
西村佑子


ドイツで魔女の修行をしてきたという著者の、ヨーロッパの歴史、魔女と呼ばれた人々の本当の姿、現代の魔女像、魔女のスープのレシピ、お守りの作り方、等。
オカルトな情報は一切なく、過去に魔女と呼ばれた人たちの姿を子供向けにわかりやすく伝えつつ、都合の良い魔法はないからしっかり自分を確立して生きていけ、ということが優しく書かれていました。
オカルト研究部部長(自称)の私には耳が痛かったですが、魔女狩りの悲惨さや人間の醜さを学ばないまま魔女ファンになるのはおかしいのか、と背中が真っ直ぐになってしまいました。
この方の本は読みやすいので、オカルト否定派の方も面白く読めると思います。
オカルト全肯定派(笑)の私には物足りなかったですが、面白いのでこの方の本はもっと読もうと思います。



金の星社
『魔女図鑑 魔女になるための11のレッスン』
マルカム・バード/作・絵
岡部 史/訳


絵本です。
魔女の扱いがひどい!(笑
汚いものがすき、人にいじわるするのがすき、迷惑をかけるのがすき、不潔なたべものがすき、とか魔女のイメージが本当にひどい。
でもこれがカトリック教圏の魔女への本当のイメージなんだと実感しました。
この絵本の前に西村佑子さんの魔女についての本を読んでいたので、理解出来た気がします。




>よもぎさん。
『魔女入門』とても癒やされる本ですよb
私の街の図書館も予約数が多かったので、どこもそうなのかもしれませんね。

  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  
1- 101- 201- 301- 401- 501- 


書き込む
ログイン
メールアドレス
パスワード
ログインを維持する
パスワードを忘れた方はこちら

ダイエット日記をご利用になるには、
新規登録(無料)してください。

新規登録(無料)

ダイエット日記

ダイエット日記

体重や体脂肪率を記録して、
グラフなどで分析できるブログ型の日記です。

当サイトのダイエット日記は、自分だけの
マイ・ダイエットルールを実行することによって、自分のペースで正しく健康的にやせていくことを目標にした無料の日記
です。

コメントやお気に入りでダイエット仲間とコミュニケーションをとりながら、楽しく自分に合ったダイエットを成功させましょう!

ダイエットピンキーからのお勧め記事
  • 疑問・悩み相談室
  • 部分やせ方法
  • 生理とダイエット

みんなのダイエットルール

昨日の全ダイエットルール実行者

昨日の全ダイエットルール実行者
ブログパーツのご案内
ダイエット日記ブログパーツ
ダイエットピンキーカロリー計算ツール
携帯から更新しよう!